不倫サイト 厳選ランキング!既婚者との濃厚出会い

今会える不倫サイトの紹介や不倫をするための方法・不倫ノウハウなどを発信していきます。管理人が不倫した女性たちとのエッチな体験談も掲載していますので是非一読してみてください。

浮気相手にメールするときの注意

公開日:2015/10/26

浮気相手にメールするときの注意

浮気相手と会わないときは浮気相手との連絡方法はメールという人がほとんどでしょう。

浮気をしているときのメールをするときの注意点についてちゃんと理解をしておかないと、浮気をしていることをばれてしまうかもしれません。

メール浮気をするときの注意点としてどのようなものがあるのか知っておきましょう。

やり取りをするタイミングを考える

タイミング

浮気相手とメールにやり取りをするときのタイミングをちゃんと考えるようにしなくてはなりません。

自分が恋人と同棲をしていたり結婚をしている場合、恋人などがいるときにメールのやり取りをしていると不信感をもたれてしまうだけですし、疑われてしまうと目を放した隙にメールをチェックされてしまうかもしれません。

これでは、自分が浮気をしていることがばれてしまいます。

また、自分がフリーだとしても相手が結婚をしている場合、相手が家にいるときにメールをしてしまうと、相手が結婚相手に疑われてしまい、そこから不倫をしていることをばれてしまって、大変なことになる可能性も高くなります。

ですから、浮気相手と話し合って、いつメールをするかを決めるようにしましょう。

そして、その時間帯以外はメールを送らないようにすることが大切です。

浮気をかもし出すメールをしない

浮気をかもし出すメールをしない

いくらお互いに家にいないときにメールのやり取りをしていたとしても、いつ恋人や結婚相手にメールを見られてしまうか分かりません。

浮気をかもし出すような内容のメールのやり取りをしてしまっていると、自分の目を盗んでメールをチェックされてしまったときに、浮気を確信されてしまうことになります。

携帯やスマートフォンにロックをかけて、メールのやり取りの内容を見られないように対策をするという方法をとれば問題はないだろうと思っている人もいるかもしれません。

ですが、これまでスマートフォンや携帯電話にロックをかけていなかったのに、急にロックをするようになってしまうと、パートナーもあなたが浮気をしているのではないかと疑うようになってしまう可能性がかなり高くなってしまいますし、普段の行動をチェックされたりするかもしれません。

ですから、スマートフォンなどにロックをするくらいであれば、浮気されていると疑われてしまうようなメールはしないようにしたほうがいいでしょう。

これでは、いつ会うか決めることが出来ないという人もいるかと思います。

このような場合は、二人だけが分かる暗号を決めておいて、メールに盛り込むようにするという方法もありますし、次はいつ会うのかなどを決めたら、そのメールの送受信をすぐに消去するといった対策をしておくといいでしょう。

この他にも、同性の友達とメールのやり取りをしていて、一緒に遊ぶ約束をするといった偽装工作をしておくという方法で浮気相手と会う打ち合わせをするという人も少なくありません。

頻繁にメールをしない

浮気相手と頻繁にメールをしているという人も結構いるのですが、浮気相手とメールで頻繁にやり取りをするということはお勧めしません。

頻繁にメールをしてしまっていると、パートナーに気づかれてしまう危険性もそれだけ高くなってしまいますし、浮気相手との距離感も維持することが難しくなってしまい、どちらかが本気になってしまう危険性も高まってしまうことになります。

また、頻度が高くなってしまっていると、やり取りをする時間帯を過ぎても、ダラダラメールをしてしまいやすくなってしまい、本命がいるときまでやり取りをしてしまうことになるかもしれません。

ですから、浮気相手とメールをするのであれば、あくまでも会うための打ち合わせくらいに留めるようにするのが望ましいでしょう。

浮気相手はあくまでも割り切りなのですから、毎日メールをしたり、何度もやり取りをするということは自粛しておくべきです。

なので、浮気相手から用もないのにメールが送られてきても放置をしておくことがベストです。

そして、あったときに注意をしておいたほうがいいでしょう。

しつこくメールをしてきたり、注意をしているのに一向に改善されないのであれば、その浮気相手とはもう連絡を取らないようにするのがベストです。

プライベートの話をしない

メールで喜ぶ女の人

浮気相手とメール浮気をしているときに、相手のプライベートの話を聞いてみたくなったり、反対に浮気相手から自分のプライベートに関する質問をされたりするということもあるかもしれません。

ですが、自分の私生活を浮気相手に教えるということはするべきではありません。

もしも相手が本気であなたと交際したいと考えるようになってしまった場合、自宅の周りで待ち伏せされてしまったり、弱みを握って脅されてしまうという危険性は決してゼロではありません。

反対に、自分が浮気相手のプライベートを聞こうとした場合、相手も同じリスクを考える可能性は大いにあります。

そのため、軽はずみにプライベートに関わる質問をしてしまったばっかりに、相手のほうからメールがお倉得てこなくなってしまって、関係が消滅してしまったという人もいるのです。

特に自分がどこに住んでいるのかなどを教えてしまうと、もし浮気相手のパートナーにばれてしまったら、自宅まで押しかけてきてしまったりする可能性だって否定することができなくなってしまいます。

ですから、プライベートの話をしたり、自分から質問をするのであれば、教えても困らないようなプライベートの話までに留めるようにしておきましょう。

なるべく本メールアドレスを教えない

恋人目的やメル友などといった関係なのであれば、いつも利用している本メールアドレスを教えても特に問題が発生することはほとんどないでしょうが、浮気相手とメールのやり取りをするのであれば、本メールアドレスを教えてメールのやり取りをするというのはお勧めしません。

もしも関係を解消させたいと思ったとき日本メールアドレスを教えてしまっていると、しつこくメールをされてしまって、メールアドレスを変更せざるを得なくなってしまうということもあります。

また、しつこくメールをされているときにパートナーがいるときだったら怪しまれてしまうでしょう。

ですので、携帯やスマートフォンでやり取りをするのであれば、本メールアドレスを教えるのではなく、GmailやYahoo!メールなどのようなフリーメールを教えておくことをお勧めします。

フリーメールであれば、関係が終わったら捨てアドを消去すればいいだけですし、スマートフォンなどに転送することも出来ますので特に不便さを感じることもありません。

また、メールが転送されても、受信音を鳴らさないようにすることができますので、もしもパートナーがいるときにメールが送られてきたとしても、ばれにくくなります。

まとめ

このように、浮気相手とメールをするときの注意点というのは複数あります。

直接メールのやり取りをすると、このような注意点を守るようにしていても、本命の恋人やパートナーにばれてしまう可能性は少なからずあるものです。

さらにリスクを下げたいと思うのであれば、直接やり取りをするよりも、出会い系サイトに備わっているメール機能を使ってやり取りをするようにしたほうがいいでしょう。

出会い系サイトのメール機能であれば、メール履歴は出会い系サイトにアクセスをしなくては見ることが出来ないですし、関係を切るときもスムーズに解消させることが出来るようになります。

それに、解消をすることになっても、出会い系サイトで知り合った浮気相手であれば後腐れも残らないですから、トラブルになりにくいというメリットもあるのです。

 - 不倫したい人にオススメ