不倫サイト 厳選ランキング!既婚者との濃厚出会い

今会える不倫サイトの紹介や不倫をするための方法・不倫ノウハウなどを発信していきます。管理人が不倫した女性たちとのエッチな体験談も掲載していますので是非一読してみてください。

社内不倫ってやっぱり大変?

公開日:2015/08/31

社内不倫ってやっぱり大変?

同じ会社の同僚や部下と不倫の関係になるというケースは決して少なくありませんが、社内不倫は大変だといわれています。

一緒に一日何時間も過ごしているわけですので、特別な感情を持つようになったりしやすいですし、飲み会などで盛り上がって、関係を持ってしまい、そのままなし崩し的に不倫関係に至ったというケースが多いです。

また、不倫の関係としてスタートさせることが出来れば、会社が終わってからそのまま会うことが出来るから、不倫をしやすいだろうと考える人も多いのではないでしょうか?

しかし、社内不倫というのは、思いのほかリスクが高くなっていますし、かなり神経をすり減らしてしまいやすいものです。

では、社内不倫をした場合、どのような問題が生じやすくなってしまうのでしょうか?

常に会社の人たちの目を気にしなくてはならない

不倫相手とも一日を通して一緒に時間を過ごしているわけですが、他の同僚や上司とも同じだけ時間を過ごしていることになります。

ですので、不倫相手とのちょっとした変化にも違和感を感じるようになり、不倫をしているのではないかと疑われるようになるケースは少なくありません。

特に、会社の同僚と自分や不倫相手の家族と接点があるということもありますので、その同僚が会社内で不倫をしているかもしれないと告げられてしまったことで、不倫しているのがばれるということも多いのです。

不倫をする前と同じように自分では接しているように思っていても、以前よりも親しげに話をしてしまっていたり、一緒にいる時間が長くなってしまっているということが多いものです。

また、会社から出れば大丈夫だろうと思っていても、退社をしてから待ち合わせをして一緒にいるときに同僚に見られてしまう可能性も十分にあります。

会社が終わってから会っているわけですから、不倫をしていると疑われてしまっても当然のことです。

また、同じ会社なのですから、結婚をしているかどうかを知っているという同僚も多いでしょうから、すぐに不倫と結び付けられやすくなってしまうのです。

すぐに噂が広まってしまいやすい

会社の規模は勤務先によって当然違っているでしょうが、一度不倫の噂が広まると、あっという間にほとんどの社員に知られてしまったりするということもあるものです。

特に会社の規模が小さくなるのであれば1日もあれば社員全員に不倫をしているということを知られてしまったりするものです。

そして、その結果、他の同僚たちから白い目で見られてしまったり、仕事で連携を上手に取ることができない、会社で孤立してしまうといった状況に陥ってしまう可能性は非常に高くなってしまいます。

会社の役員や重役から処罰される可能性も

会社から処罰される可能性

噂が広まることによって、会社の役員や重役、上司などにも不倫をしているということが伝わってしまう可能性も高くなります。

不倫というのは個人の自由だと思っている人もいるかもしれませんが、会社によっては社内恋愛も禁止になっていたりすることもあります。

社内恋愛すら禁止なのであれば、当然社内不倫はさらに認められるものではありません。

入社をしてから結婚をしたのであれば、結婚式に直属の上司を招待していたり、仲人になってしまっていたということもあるかもしれません。

それなのに、社内不倫をしてしまったということがばれてしまったら、上司の顔に泥を塗ってしまったようなものです。

また、社内不倫をすることによって、他の社員たちへの悪影響も考えられるわけですので、処罰を受けることになる可能性も高くなります。

例えば、社内での評価が下がることによって今後、昇進や昇給をすることが非常に難しくなってしまったり、他に支社があるのであれば左遷をされてしまうということもあります。

最悪の場合、解雇をされてしまうということもあります。

これは、あなた自身だけではなく、不倫相手の同僚も同じように罰せられることになります。

その結果、どちらも既婚者なのであれば、どちらの結婚相手からも非難されてしまうことになりますし、両者から慰謝料請求をされた挙句に離婚にまで発展してしまう可能性も非常に高くなってしまうのです。

同じ会社なのですから、どこに住んでいるのかな度はすぐに調べることが出来るのですから、逃げ場が全くありません。

そうなると、仕事だけではなく家庭まで失ってしまうという結末にもなりかねません。

本気になる可能性が高い

一緒に会社で過ごす時間が家族と一緒にいる時間よりも長いということが多いです。

そのため、不倫相手と一緒に仕事をしていくことによって、結婚相手よりも不倫相手のほうが好きだと感じるようになってしまう可能性が高くなってしまいます。

反対に自分は不倫だと割り切っていても、相手も同じように考えているとは限りません。

特に不倫相手が独身なのであれば、なおさら本気で好きになってしまうということもありますし、離婚をしてくれないと会社に報告するなんて脅してくる可能性だって否定をすることは出来ません。

本気になりそうだから不倫相手との不倫を解消しようと思っても、相手に拒否されるということもありますし、もしも関係を解消できたとしても、気まずくなってしまって、周りの人に怪しまれてしまったり、居心地が悪くなってしまって、どちらかが退職をすることになる可能性だってありえます。

社内不倫をするべきではない

社内不倫というのは、他の同僚にばれないようにしながら不倫関係を続けるというスリルがあることは事実です。

そして、そのスリルがたまらないという人も多いのですが、もしも不倫がばれてしまった場合、大きな問題に発展してしまう可能性は非常に高くなります。

刺激が好きだという人から見れば、社内不倫というのは、病み付きになってしまうというケースは実際に多いようですが、ばれてしまったときのことを考えると、ハイリスクノーリターンになってしまいます。

これでは、自分の人生を大きく狂わせてしまうことになりかねません。

ですので、もしも不倫をするきっかけがあったとしても、会社の同僚と社内不倫をするべきではないのです。

社内不倫をするよりも出会い系サイト

社内不倫をすることによって、大きなリスクを背負わなくてはならなくなってしまうのです。

そんなリスクを負うくらいであれば、出会い系サイトを利用して、自分と関わりのない人と不倫の関係になるようにしたほうがはるかにリスクを下げられるようになります。

会社の同僚の目を気にしなくてもいいですし、会社で責任をとらなくてはならなくなるというリスクも回避することが可能になります。

それに、もしも家族などにばれそうになったら、不倫相手と会ったり連絡を取らないようにすれば良いですよね。

ですので、精神的にも余裕が生まれやすくなりますし、不倫相手と会っているときに周りの目をあまり気にしなくてもよくなりますので、精神衛生上も良いのです。

それに社内不倫とは違って、色々な異性が不倫相手を探すべく出会い系サイトを利用していますから、自分好みの人も見つかりやすくなりますので、より素敵な人と不倫関係を楽しむことも可能になるのです。

ですから、不倫を体験してみたいと思っているのであれば、リスクの高さから社内不倫は諦めるようにして、出会い系サイトを利用して、より安全な方法で不倫相手を探して、不倫をしていくようにしたほうがいいでしょう。

 - 不倫したい人にオススメ